2016年06月23日

Summertime BLUE

1.JPG

こんにちは、花びし本店スタッフ岡田です。
大阪も梅雨入りし、雨の日が続いています。
気温も湿度も高くなってきましたね。お出かけの際は熱中症対策をしっかりしてくださいね。

一足はやく夏真っ盛りな花びしでは、ハイビスカスやプルメリアなど夏のお花が並びはじめました。
夏の定番のヒマワリはサイズ・種類ともに豊富にそろっています。


2.JPG 3.JPG
4.JPG 5.jpg
6.jpg 7.jpg


ヒマワリは「向日葵」と書き、花が太陽を追うように動くようにみえたことからその名前が付けられました。
ですが、太陽を追いかけるのは生長しているときのお話で、花が開いたときには必ず太陽の方向を向いているわけではないのだそうです。
ヒマワリの花姿を太陽と重ね、花が太陽を追いかけているふうに考えるのは、よくわかるように思います。
大きな黄色は存在感抜群で、くもり空が続くなかでも明るく光っています。


ヒマワリだけでなく、夏にはブルーのお花もおすすめです。
ローズやデルフィニウムなど、青色のお花は今までもありましたが、今年は新色が登場しました。
以前のものよりずっと深い青色で、アレンジをぐっと引きしめてくれます。


8.JPG 9.jpg
10.jpg 11.jpg


2階、ドライコーナーも今年は青系が人気です!
今年の新商品ポアプランツをはじめ、ブルー系の素材が豊富にそろいました。
シルバーやゴールドの木の実と一緒に飾るのが、ドライ担当のおススメです。
ぜひ、お試しください。


12.JPG 
14.JPG 15.JPG
16.JPG 17.JPG


お花だけでなく、夏を飾るのにぴったりの小物も充実しています。
毎年人気のシェルリースや、貝殻のつめあわせ、真っ白なヒトデも入荷しています。


18.JPG 19.JPG
20.JPG 21.JPG
22.JPG 23.JPG


ヒトデの形をしたガラスのお皿もとっても涼しげで人気の商品です。
貝殻やヒトデは前回の記事でご紹介した多肉植物と一緒に飾っても可愛いですし、涼しげなブルーやパープルのお花との相性も抜群です。


24.JPG 25.JPG
26.JPG 29.JPG
27.JPG 30.JPG
28.JPG


まったくない……というわけではありませんが、
自然界において、青色の花は他の色に比べ存在する数が多くありません。
バラ、カーネーション、チューリップ、ダリアなどは、もともと青色の色素をもたないお花です。
様々な企業や大学の研究と努力の結果、上でご紹介したものでも青を持つ花が次々と誕生しています。
(「カーディナルドリシュリュー」や「ムーンダスト」などで調べてみてください♪)

今年の新商品の造花・プリザーブドフラワーは、それらとは違った鮮やかな青が特徴です。
生花にはまだできない、造花だからこそできる表現ともいえます。
生花と混ぜて使うことで、アレンジの幅も広がっていくのではないでしょうか。

熱い夏の時期、どうぞ花びしまで青を感じに来てください。
涼しい気分になれるかもしれません。
スタッフ一同、心よりお待ちしております。
posted by 花びし本店 at 18:18| 店舗のご案内